ジャックと豆介さん

こんにちは!
ジャックと豆介さんの珍道中!?
日々の出来事や感じた事などを
スクラップします♪
どうぞ、よろしく!!

正義と真実

こんにちは~


今日やっとホットカーペットを掃除して・・
干して・・片付けました~^^v

(ストーブはまだですが、、、)


久しぶりに本の感想を書いてみます!
「図書館の神様」


図書館の神様 (ちくま文庫)
図書館の神様 (ちくま文庫)
筑摩書房

主人公は、清く正しい青春をバレーボールに捧げてきた、その名も清(きよ)。あることがきっかけで、夢をあきらめて教師になるべく、海の見える高校に赴任する。そこで、思いがけず文芸部の顧問となった清に訪れた変化とは……。


著者:瀬尾まいこ


主人公は高校生の時は
バレーボール部のキャプテンをしてたくらい
清く正しく正義感あふれた女子でした・・
バレーボール部の試合後の反省会から
人生が変わっていきます・・


大人になり・・
教師になり・・


何故かしら文学部の顧問になります・・


その文芸部の生徒は垣内君一人だけ、、


海の見える図書室での、
文芸部の時間が・・
ちょっと羨ましくなるくらい・・
心を穏やかにしてくれます^^♥


そして弟の拓実と
不倫相手の浅見さん・・


主人公の側にいるこの男性陣によって・・
ゆるゆると過ごす時間が・・
背負ってた重たいものを
ゆるゆると・・降ろしていけたのかナ・・^^?


この男性陣達が愛しく思えます・・^^♥


読み終えたあと・・


 「正義とか真実」はただそこにある・・
黙るべき時を知る人は言うべき時を知る


この作者さんは
あの高校生谷垣君に言わせた言葉を伝えたかったのかナ・・


なんて考えたり・・


正義ってなんだろう・・と考えたりしました・・


初めて読む作家さん♪
他のも読んでみたくなりました^^♪


ゆるりとでもたんたんと生きる人生・・
身体ためにも大切なことかもですm(__)m

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。