ジャックと豆介さん

こんにちは!
ジャックと豆介さんの珍道中!?
日々の出来事や感じた事などを
スクラップします♪
どうぞ、よろしく!!

「箱」の断捨離!?

今回の本は
自分の小さな「箱」から脱出する方法。


自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法
大和書房

自分を欺いているとき、
私達は『箱の中に入ってる』そうです。
哲学者はこれを自己欺瞞(じこぎまん)と呼ぶそうです。


1、自分が他の人のためにすべきだと感じたことに
背く行動を自分への裏切りと呼ぶ。
2、いったん自分の感情に背くと、周りの世界を
自分への裏切りを正当化する視点から見るようになる。
3、周りの世界を自分を正当化する視点から
見るようになると現実を見る目がゆがめられる。
4、したがって、人は自分の感情に背いたときに箱に入る。
5、ときが経つにつれ、いくつかの箱を自分の性格と
見なすようになり、それを持ち歩くようになる。
6、自分が箱の中にいることによって、
他の人たちをも箱の中に入れてしまう。
7、箱の中にいると、互いに相手を手ひどく扱い、
互いに自分を正当化する。
共謀して、互いに箱の中にいる口実を与えあう。


「こちらが箱から出て仲間に加わらない限り、
共に働いたり、暮らしている人間の人と形(なり)を
知ることは、できないんだ。」そうです。


そして、
肝心な箱から出る方法は・・・

箇条書きしてくれてないんですよね、、、


まず「箱の中に入っている」ことに
気づくこと・・・


「相手のために何かをしたい」と思った瞬間、
その思いに背むかない・・・


ジャックはいったい何個の箱を
持ち歩いてるんだろう、、、
疲れるはずです^^;
箱の断捨離もしないとね^^v


ちなみにこの本ラグビーの五郎丸選手も
おすすめしてるらしいですよ^^v

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。